スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<服飾>「日本ファッション・ウィーク」閉幕…東京(毎日新聞)

 東京ミッドタウン(東京都港区)を主会場に開かれていた第10回「東京発 日本ファッション・ウィーク」(JFW=日本ファッション・ウィーク推進機構主催、経済産業省など後援、毎日新聞社など協賛)は28日、7日間の日程を終えて閉幕した。中核イベントの東京コレクション・ウィークには44ブランドが参加。JFWには3万332人(特別イベントは除く)、東京コレクションには1万7821人が来場した。

【関連ニュース】
東京コレクション・ウィーク:秋冬物新作続々 26日まで
日本ファッション・ウィーク:東京ミッドタウン中心に開幕
東京で開幕
ザ・モデルズ:最終審査の142人 魅力アピール 東京
ロボット:「喜怒哀楽」も表現 ショーデビューへ

皇太子ご一家 長野で静養 愛子さま春休み(毎日新聞)
皇太子ご一家が帰京(産経新聞)
「橋下新党」4月中旬旗揚げ=府議会内会派は1日発足-大阪(時事通信)
<長野夫婦殺害>被告に無期懲役の判決 長野地裁上田支部(毎日新聞)
自立支援法訴訟、和解成立=全国に先駆け12人-さいたま地裁(時事通信)
スポンサーサイト

保護者と性的関係 江戸川区立小の校長更迭、懲戒へ(産経新聞)

 東京都江戸川区立の小学校校長(59)が、保護者の母親と不適切な関係となり、勤務先の校長室で性的な関係を持っていたことが24日、分かった。2人の関係が卒業生や在校生の保護者らに広まったことで、江戸川区教育委員会は卒業式直前にもかかわらず、校長を更迭する異例の人事を行った。区教委から報告を受けた都教委で本格調査に乗り出しており、事実が確認され次第、厳しい懲戒処分を行うものとみられる。

 関係者らの話によると、元校長は平成20年、学校行事などで知り合った保護者の女性と親密な関係となり、勤務先の小学校の校長室で性的な関係を持ったとされる。

 元校長はその後、女性を同校の臨時職員として採用し、その後も校内で勤務時間中にキスしたり、性的な関係を続けていた。

 元校長との関係に悩んだ女性が、区教委などに相談したことで、2人の不適切な関係が発覚。区教委が調査を続けていた。

 今年に入って、在校生の保護者の間で2人の不適切な関係が広まり、特に24日に卒業式を終えたばかりの6年生の保護者からは、「元校長名による卒業証書を受け取るのは嫌だ」などの声が区教委に寄せられていたという。

 このため、区教委で協議し、3月1日付で元校長を更迭する異例の人事異動を行い、卒業生には、後任の校長名で卒業証書が授与された。

 学校関係者によると、保護者からは区教委に元校長の異動理由を問いただす電話も入ったという。

 産経新聞の取材に江戸川区教委では、「校長として非常に不適切な行為があった。非常に遺憾」と話している。

 教員のわいせつ事件について、都教委が独自に分析した結果では、児童・生徒の保護者が被害対象となる割合は、全体の約1割に上っている。

【関連記事】
「出会い系」で不適切関係 イランで男女25人拘束
米人気司会者と元校長が和解 生徒虐待めぐる名誉棄損訴訟
「小6は粗大ごみ。卒業式は大掃除の日」 福岡の教諭が暴言を謝罪
教え子の女子高生と交際の教諭を停職処分に 滋賀
教諭が授業で妻の出産シーン上映 児童「気分悪い」
あれから、15年 地下鉄サリン事件

<フェリー事故>荷崩れ後に傾斜か 三重・熊野灘で横転(毎日新聞)
<消費者庁>不当表示で化粧品輸入販売業者に措置命令  (毎日新聞)
神崎、坂口両氏引退へ=衆院任期前に-公明(時事通信)
<東急東横線>自殺? 乗客2時間閉じ込め(毎日新聞)
米製の乳幼児運搬具、窒息の恐れで自主回収(読売新聞)

日本IBM社員、ニイウスコー不正取引関与か(読売新聞)

 東証1部に上場していたシステム開発会社「ニイウスコー」(民事再生手続き中)の粉飾決算事件で、同社の主要取引先だった日本アイ・ビー・エム(日本IBM、東京都中央区)の社員が、ニイウスコー側の依頼に応じ、同社の不正取引に協力した疑いのあることが、証券取引等監視委員会の調査でわかった。

 監視委は19日、ニイウスコーの2005年6月期連結決算の売上高を約145億円水増ししたなどとして、同社元会長・末貞郁夫(62)と元副会長・大村紘一(68)の両被告と法人としてのニイウスコーを金融商品取引法違反(有価証券報告書等の虚偽記載)の疑いで横浜地検に告発。このうち約24億円分の水増しは、同社が日本IBM社員に持ちかけて行ったというが、監視委は日本IBM社員について、「関与が従属的」として告発の対象から外した。

 日本IBM広報は「捜査中の案件なのでコメントできない」としている。

<国交省>ブレーキ優先、義務化を検討(毎日新聞)
日本船侵入を他のSSメンバーが手助け 共犯の疑いで捜査(産経新聞)
水事故ゼロ目指し官民一体組織を設立 日本財団など(産経新聞)
「4年後までに信頼回復」=年金記録漏れ問題で-長妻氏(時事通信)
特定看護師創設、「今後を注視」―日医(医療介護CBニュース)

<埼玉県警商標権侵害>陸上幕僚長が警察庁に再発防止を要請(毎日新聞)

 埼玉県警採用試験のポスターなどに使った表現が陸上自衛隊の商標権を侵害している恐れがあるとして回収を始めた問題で、陸自トップの火箱芳文・陸上幕僚長が18日の定例会見で、警察庁に再発防止を求める申し入れをしたことを明らかにした。毎日新聞の指摘で事実関係を把握した県警が陸自に陳謝した後の17日夜、内局の広報課を通じ「今後このようなことが二度と起こらないよう、全国の警察に周知して」と口頭で伝えたという。

 陸上幕僚監部によると陸自は01年、設立50周年を記念して作ったキャッチコピー「守りたい人がいる」を商標登録し、ホームページや関連施設を紹介するパンフレット、関連グッズなどに使用。登録は携わった業者の勧めで「悪用されず、長く使っていきたい」との理由という。

 また県警の担当者も18日「商標権などの問題は(委託した)業者が責任を持って確認するという契約だったが、我々としてもしっかり確認できなかったのは遺憾」と説明。回収を始めたポスターとチラシ計約2万枚の制作費や掲示費で計約600万円かかったことを明らかにした。【樋岡徹也、浅野翔太郎】

【関連ニュース】
ネット違法情報:削除せぬ管理者、刑事責任追及へ…警察庁
地下鉄サリン:15年でつどい 元警察庁長官「反省多い」
地下鉄サリン:死者1人増え13人 警察庁が再調査
サイバー犯罪:9年連続で最多を更新 警察庁09年まとめ
警察庁:安藤長官が3月訪韓

「事故起こし逃走した」=米兵聴取、追突認める-沖縄県警(時事通信)
被虐待児童の扱い、議論まとまらず―臓器移植作業班(医療介護CBニュース)
スーツ姿で空き巣200件 容疑の無職男を逮捕 警視庁(産経新聞)
民主・渡部氏「国民が辞めてほしい人は辞めよ」「世論大事にしないと民主党亡ぶ」(産経新聞)
官房機密費全面公開へ 首相明言(産経新聞)

<センバツ>向陽…伝統の左腕擁した古豪 OB前に堂々復活(毎日新聞)

 第82回センバツ大会第2日の22日、45年ぶりの勝利を挙げた向陽(和歌山)。戦前の旧制海草中学時代には伝説の左腕・嶋清一投手(故人)らを擁して夏の甲子園を連覇した強豪だったが、校名変更などの影響で海草OBと向陽OBとの間には溝があった。それを埋める現役選手の活躍にスタンドのOBたちは感激の表情だった。

 四回、向陽の先制に沸く三塁側アルプス席。海草OBの中山祐昭(さちあき)さん(80)=和歌山市=は「派手さはないがコツコツと。これぞ海草野球」と喜んだ。思い起こすのは、71年前の夏の甲子園準決勝。近くの三塁側席で、嶋投手のピッチングを見て、海草野球部にあこがれた。海草中には進学したが、戦況悪化で高校野球は中断し、嶋投手は45年3月、学徒出陣で戦火に散った。

 戦後、「海草」の名は消えた。学区制の導入で、当時の主力選手は旧制和歌山中を前身とする桐蔭高校に転校した。桐蔭は48年夏の甲子園で準優勝。海草OBは向陽ではなく桐蔭で後輩に指導するようになった。海草OBと向陽OBには次第に距離が生まれ、嶋投手と海草野球部は歴史に埋もれた。

 再び光が当たったのは半世紀後。98年夏の甲子園決勝での横浜(神奈川)の松坂大輔投手(現ボストン・レッドソックス)のノーヒット・ノーランで、嶋投手の記録に関心が集まり、08年野球殿堂入り。刺激を受けた野球部員も懸命に練習に取り組み、21世紀枠で出場を果たした。

 2月、海草中で嶋投手のチームメートだった古角(こすみ)俊郎さん(88)=和歌山県那智勝浦町=が初めて母校で現役部員たちを指導。「70年前から言われていることだが」と断りながら打撃での腰の回転の重要性を説いた。そばで見ていた中山さんは「嶋さんと今の選手たちが海草と向陽の橋渡しをしてくれた」と感じた。

 開幕前、初めて和歌山市内の嶋投手の墓に参ったナイン。粘り強く守り、相手の反撃を1点に抑えた。好投した右腕の藤田達也投手(3年)は「自分が右から投げている時、嶋さんが左から一緒に投げているような気がした」と語る。古角さんは「海草の野球が生きていた。こんな素晴らしい試合をしてくれて、嶋も天国で喜んでいるはず」と笑顔だった。【加藤明子、遠藤孝康】

【関連ニュース】
白球と戦争:海草・向陽野球の原点/上 /和歌山

「エコポイントは私の理論」??? 巨額詐欺事件のL&G元会長(産経新聞)
薬害C型肝炎訴訟 カルテなし原告和解 仙台地裁(河北新報)
<子供性描写規制>都議会総務委、継続審議決める(毎日新聞)
市長もニコニコ「日光仮面」着ぐるみ完成(読売新聞)
外務省、東郷元局長の文書リスト公表=「密約」説明資料など58点(時事通信)

郵便不正公判 証人尋問で取調官「調書“作文”ない」 メモは廃棄(産経新聞)

 障害者団体向け割引郵便制度をめぐり偽の証明書を発行したとして、虚偽有印公文書作成・同行使罪に問われた厚生労働省元局長、村木厚子被告(54)の第14回公判が18日、大阪地裁(横田信之裁判長)で開かれた。今回から取調官に対する尋問が始まり、検察側は公判証言より供述調書の信用性が高いことを立証したい考え。

 午前は実体のない障害者団体「凛の会」元会長、倉沢邦夫被告(74)=公判中=を取り調べた大阪地検堺支部の坂口英雄副検事(51)が出廷。「責任逃れをするようなとき机をたたいたことが数回あった」としながらも、供述調書の作文や脅迫など違法な取り調べは「全くなかった」と強調した。

 倉沢被告は捜査段階で、村木被告と会って証明書の発行を依頼したことや偽の証明書を直接受け取ったことなど、村木被告の主張に反する供述をしている。公判でもほぼ調書通りに証言したが、一方で「何度も調書の訂正を申し入れた」とも述べていた。

 坂口副検事は倉沢被告と村木被告の会話内容を調書にする際、「記憶をできる限り喚起してもらった」と証言。証人によって証言内容が異なる証明書の受け渡しについては「倉沢被告は一貫して『私自身が村木被告から直接受け取った』と供述した」とし、時期についても本人の手帳を元に確認したことを明かした。

 一方、調書作成にあたり書きとめたメモを捜査終結後に廃棄していたことを明らかにし、理由を「倉沢被告のプライバシー保護の観点で保管を継続すべきでないと判断した」と述べた。

【関連記事】
村木被告の関与また否定 郵便不正裁判
「検察、もっと公正に」石井一議員が会見 報道批判も
石井議員、口利き「全くない」意表突かれる場面も
元係長、「局長関与」供述、「勾留長期化怖かった」から
郵便不正公判、検察側やや守勢 まもなくヤマ場の元係長尋問

内需戻っていない=10~12月GDPで-内閣府副大臣(時事通信)
朝鮮学校、無償化見送りを=「思想教育を実践」-市民団体(時事通信)
<東京大空襲>訴訟原告団が国会議員と懇談(毎日新聞)
陛下、東ティモール大統領と会見(時事通信)
絶縁体 電気信号伝達 夢の「8割省エネ」(毎日新聞)

ピカソのミューズ初の回顧展(産経新聞)

 ■フランソワーズ・ジロー回顧展「ア・ライフ・イン・アート」

 フランソワーズ・ジロー。ピカソを知る人ならピンとくる名だろう。ピカソのミューズ(女神)として約10年間生活を共にし、2人の子を残した。しかし、画家だったことは知られていても作品は日本でほとんど知られていない。いま彼女の日本初となる回顧展が東京・銀座のシャネル・ネクサス・ホール(銀座3の5の3)で開かれ、油彩画など約40点が公開されている。(渋沢和彦)

 展示会場に入り口付近に掛けられているペンとクレヨンによる「パブロ・ピカソの肖像」(1944年)。簡潔な力強い線で描写された顔は、真摯(しんし)で意志が強そうに見える。ジローのピカソへの尊敬と愛がにじみ出ている作品だろう。

 ジローは1921年、パリに生まれ、ソルボンヌ大学で法律を学んだ。61歳だったピカソと出会ったのは43年5月。パリのレストランでたまたま隣り合わせとなった。子供のころから画家になる夢を持っていたジローはピカソに出会ったことで、その道を強く歩み始めた。互いに愛も芽ばえ、ほぼ40歳の年の差を超え、約10年にわたり南仏で生活を共にした。

 やがて、クロードとパロマという2人の子供に恵まれた。ピカソはこの時期、ジローと2人の子供をモデルに愛らしい絵を多く残し、ジローもまた「炎の子どもたち」(52~53年)など穏やかな作品を描いた。その時代の「果物のある静物」(52年)はピカソの影響が見てとれるものの、きっちりとした構図で直線と曲線が調和した風格の油彩画はジローの代表作といっていい。

 約10年間の同居生活もやがて破綻(はたん)する。ピカソの強い支配力に耐えられなくなったジローは、自らピカソの元を子供とともに去った。創作者としての強い思いがあったからこそ選んだ道だったのだろう。ジローは旺盛に制作活動を続け、作品からピカソの影響は消え、自由に羽ばたいた。

 「海を見渡す庭」(63年)などから徐々に事物の形が抽象化し、90年代には「シャーマンの霊力」「雨と太陽の光」など霊的で赤や青が印象的な独自の抽象画を構築した。ニューヨークとパリにアトリエを構えて制作活動を続け、88歳の現在も制作を続けているという。

 回顧展ではピカソに出会う以前の初期の陰影が強調された力強い具象画「漁師の娘」(42年)から、「エッフェル塔II」(2008年)までの近作で構成し、画家としての軌跡をたどる。ピカソが撮ったジローの写真なども展示されている。30日まで。入場無料。その後、茨城・笠間日動美術館にもマティス、ピカソの作品を加えて巡回する。入館料大人千円。

民主が近付いてきた…法案賛成で公明代表言明(読売新聞)
乗用車同士が正面衝突、4人が心肺停止(読売新聞)
調味料 石垣島ラー油や卵専用しょうゆ人気 「内食」影響(毎日新聞)
自転車で変わる「通勤」 カロリー表示や専用ナビで快適(産経新聞)
在日朝鮮人、戦時徴用わずか245人(産経新聞)

<雑記帳>地元農家の夢乗せ、大豆、宇宙へ 北海道(毎日新聞)

 北海道・旭川産の大豆「トヨコマチ」が5月、宇宙へ旅立つ。ベンチャー企業「リバネス」(東京都)が企画した「宇宙大豆プロジェクト」に使われる全国12カ所の大豆に選ばれ、12日にJA東旭川から50グラムが同社に手渡された。

 スペースシャトルで国際宇宙ステーションに運ばれ、6カ月間保管。その後は旭川で栽培し、宇宙空間が及ぼす影響を調べたり、教育に利用される。

 具体的には学校での栽培実験やみそ作りなどを予定。宇宙行きはさらに選別された15グラム(約25粒)だが「地元の方々に宇宙を身近に感じてもらう大きな夢を乗せた」と同社の丸幸弘社長。【横田信行】

【関連ニュース】
揺らぐダム:大蘇ダム 副農相、対応策を説明 受益農家ら不満の声 /熊本
ふれあいふぁーむ:魅力アップへ農家の研修会--神鍋高原 /兵庫
花開け・徳栄のセンバツ:加須の農家が米150キロを贈る /埼玉
上峰小:みそ造り指導のお礼、児童が農家の人に料理 /佐賀
いのしし館:精肉販売 農作物の敵を特産品に 丸森の農家ら27日オープン /宮城

<雑記帳>長谷川等伯展で「オマージュ」ラスク(毎日新聞)
山陰線ホームで15m行き過ぎ、30人乗れず(読売新聞)
<愛子さま>学習院初等科の終業式出席 雅子さま付き添って(毎日新聞)
1歳女児死亡、虐待か=体にあざや骨折-大阪・寝屋川(時事通信)
「嘘つき」与党に抗議 高校無償化法案、朝鮮学校めぐり紛糾(産経新聞)

普天間問題、官房長官も米大使も「トラスト・ミー」(産経新聞)

 平野博文官房長官は5日午前の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題をめぐり、ルース駐日米大使と2日に会談した際、大使が「どこにも漏らしません。トラスト・ミー(私を信じて)」と述べ、日本政府が検討している移設先の具体案をただしてきたことを明らかにした。

 平野氏は「ゼロベースで検討中であり、5月末までに決めます」とした上で、「トラスト・ミー」と理解を求めた。平野氏は、会談で米軍キャンプ・シュワブ(同県名護市)陸上案を打診したことを否定し、このやりとりは「私が何もいっていないことを証明する言葉だ」と強調した。

 「トラスト・ミー」は鳩山由紀夫首相が昨年11月のオバマ米大統領との首脳会談で発言した言葉。平野氏と大使は首相の発言を引き合いに互いの胸中を探り合った格好だが、この言葉を使った陸上自衛隊の1等陸佐が「首相発言を批判していると誤解を招く」などとして注意を受けている。

【関連記事】
官房長官と沖縄県知事が電話会談 「陸上案」検討を否定
普天間移設で剣が峰の首相 4月の日米首脳会談を視野 社民は猛反発
普天間移設で首相「今月中に決断」 シュワブ陸上1500メートル滑走路軸に調整
東富士演習場使用の協議を中断 静岡・御殿場市長ら 社民などに反発
普天間移設キャンプ・シュワブ陸上に自民・谷垣氏「公約違反」

松田氏を党紀委で処分へ=自民(時事通信)
黒澤明財団、寄付金3千数百万円が不明に(読売新聞)
官房長官も「トラスト・ミー」、駐日米大使に(読売新聞)
<掘り出しニュース>人工アイスワイン、フルーティーで極甘 きょう発売(毎日新聞)
北・イランの核問題で連携=米国務副長官と会談-岡田外相(時事通信)

割引財源で高速道建設=使途拡大で改正法案-国交省(時事通信)

 国土交通省は4日、高速道路の「休日上限1000円」割引を見直すことなどによって浮く財源を建設費用に転用できるようにする道路整備事業財政特別措置法改正案を与党に提示した。3月中旬の閣議決定を経て、今国会に提出する。成立すれば、昨年10月に凍結された関越道、東海北陸自動車道など全国6区間の4車線化事業などが適用対象となる見通し。
 同法は、高速道路会社が実施する料金割引とスマートインターチェンジ(ETC専用の簡易型インターチェンジ)整備を利便増進事業と位置付け、国から財政支援している。改正案は、▽渋滞解消などの車線増設▽インターチェンジ、ジャンクションの整備▽既存高速道路を連結する高速道の新設・改築▽駐車場の整備-の4項目を新たに利便増進事業に追加する。 

大島氏、普天間5月未決着なら退陣を=首相「国民への約束守る」(時事通信)
参院選 民主党1次公認候補発表 「政治とカネ」逆風の中(毎日新聞)
医療チームをチリに派遣=鳩山首相「支援への第一歩」-政府(時事通信)
内職の教材35万円…職の斡旋なし 1500人被害、教材販売会社社長ら逮捕(産経新聞)
<参院予算委>小林議員辞職要求に首相「本人の意思の問題」(毎日新聞)

竹富島沖で旅客船炎上沈没、フェリーが全員救助(読売新聞)

 1日午前10時頃、沖縄県・竹富島(竹富町)の南西約4・4キロの海上で、個人所有の旅客船「くいぬぱな」(12トン)から出火、近くを航行していた黒島(同町)発石垣行きの小型フェリー「あんえい3号」が旅客船の本底重男船長(55)と乗客9人を救助した。

 乗客にけがはなく、本底船長が右腕に軽いやけどを負った。旅客船は炎上し同日正午過ぎ、沈没した。

 石垣海上保安部(石垣市)の発表によると、旅客船は同日午前9時40分頃、関東から来た雑誌の撮影スタッフ8人と地元の案内役1人を乗せて石垣島を出港。南西約22キロの新城(あらぐすく)島(同町)に向かっていた。ほぼ中間地点で出火したという。

 同保安部は、船の燃え方から機関室が火元である可能性が高いとみて船長に事情を聞いている。

8日に基地問題検討委=政府・与党(時事通信)
介護報酬1800万円不正請求、2事業所指定取り消し―福岡(医療介護CBニュース)
30年に1度以下の異常気象=「北極振動」で北半球に猛寒波-気象庁検討会(時事通信)
強盗殺人容疑で上田被告を再逮捕 鳥取連続不審死(産経新聞)
合憲or違憲? 社民、自衛隊の位置付けあいまいなまま…(産経新聞)

<三好達治賞>長田弘さんの「世界はうつくしいと」が受賞(毎日新聞)

 優れた現代詩に贈られる第5回「三好達治賞」(大阪市主催)の選考委員会は28日、長田(おさだ)弘さん(70)=東京都杉並区=の「世界はうつくしいと」(みすず書房)を選んだ。贈呈式は4月3日、大阪市公館である。

 長田さんは福島市生まれ。09年、「幸いなるかな本を読む人」(毎日新聞社)で第24回詩歌文学館賞を受賞した。

 賞は大阪市出身の詩人、三好達治(1900~64)を顕彰するため05年度に創設され、今回は全国から176点が寄せられた。賞金は100万円。

【関連ニュース】
現代詩:中原中也賞 札幌の18歳女子高校生が受賞
中原中也賞:札幌の18歳女子高校生が受賞
中原中也賞:札幌の18歳・文月さんに 「適切な世界の適切ならざる私」 女性で最年少受賞

東京マラソン 雨の中のレース 3万182人が完走(毎日新聞)
濃霧でも離発着可能へ、羽田の誘導装置精度アップ(読売新聞)
龍馬ゆかりの地を行く 御所に砲声、蛤御門の変(産経新聞)
【核心】法政大中学高校「常軌逸した」体罰なぜ…(産経新聞)
船形山遭難事故 男女3人が自力下山(産経新聞)

教員自殺を公務災害認定=新任2カ月、支援不十分-東京(時事通信)

 2006年6月に新任2カ月で自殺した東京都新宿区立小学校の女性教員=当時(23)=について、地方公務員災害補償基金東京都支部審査会が公務災害を認めたことが5日、分かった。審査会は、学校側の支援が不十分で強度の精神的ストレスが重なったと判断した。
 審査請求していた両親らが記者会見して明らかにした。代理人の川人博弁護士は「新任教員の自殺が公務災害と認められたのは珍しい。同様の事案の認定に影響するだろう」と評価した。
 父親は「信頼し合える同僚との関係があれば、こんな悲劇は起きなかった。若い先生を支えるシステムをつくってほしい」と訴えた。 

【関連ニュース】
卒業後24年でも公務災害=元教え子による刺殺事件
「警官で試みた探偵小説」=直木賞の佐々木譲さん
県立病院職員、自殺は労災=「ストレスで症状悪化」
負傷男性は自殺未遂か=新宿駅地下街
岩手県警幹部を逮捕=生安部ナンバー2兼地域課長

朝鮮学校除外「検討」を明言=首相、高校無償化で(時事通信)
「ご当地グルメ」をブランド化=名物料理、商標登録を支援-農水省(時事通信)
太平洋広域で津波の可能性=日本への影響調査-チリ大地震で気象庁(時事通信)
<囲碁>本因坊戦 挑戦リーグの結果 25日(毎日新聞)
沖縄で早朝に震度5、津波警報も発令(読売新聞)

「容疑者国選弁護」で水増し請求 岡山の弁護士逮捕(産経新聞)

 起訴前に公費で弁護人を付ける「容疑者国選弁護制度」で報酬を水増し請求したとして、岡山県警捜査2課は25日、詐欺の疑いで岡山弁護士会所属の弁護士、黒瀬文平容疑者(68)を逮捕した。

 岡山弁護士会などによると、黒瀬容疑者は平成19年3月から20年5月、7件の事件の報酬を請求する際、事件の容疑者との接見回数をごまかして約34万円を水増しして請求し、だまし取った疑いがあるとされている

 黒瀬容疑者は既に全額を返済している。

 20年10月、日本司法支援センター(法テラス)の調査で問題が発覚。法テラスが昨年2月に刑事告訴するとともに、3年間の国選弁護契約解除にした。岡山弁護士会も同年8月、2年間の業務停止とする懲戒処分にしている。

【関連記事】
「水増しの意味、わかるよね」公判で明らかになった呆れた実態 柏崎市職員の公金詐欺事件
NHK関連会社が補助金4400万円を不正受給 会計検査院が指摘
名古屋の建設会社が2億9千万円所得隠し 工事代金を水増し請求
「極東貿易」の防衛装備品納入水増しは計27億円に 防衛省
工事代金を水増し請求 新潟・柏崎市係長を詐欺罪で起訴

「絶対、海に近づかないで」鳩山首相も呼びかけ 大津波警報で(産経新聞)
米海兵隊訓練、住民投票で賛成ならOK…徳之島(読売新聞)
<津波>ハワイで2メートルの高潮観測 海岸部の被害はなし(毎日新聞)
<もんじゅ>下請け2社献金 敦賀市長に5年で222万円(毎日新聞)
<放火>男が油まき住宅全焼 夫婦重傷 京都(毎日新聞)

自民、審議拒否続ける=駆け引き激化へ-国会(時事通信)

 自民党は23日午前、鳩山由紀夫首相の元秘書や小沢一郎民主党幹事長らの国会招致を同党が拒否していることに反発、衆院予算委員会で審議拒否を続けた。これに対し、与党は2010年度予算案を3月1日に衆院通過させる方針で、与野党の駆け引きが激化しそうだ。
 衆院予算委は午前9時から同予算案の一般質疑を実施。民主、社民両党に続き、自民党の質問が予定されているが、同党は「与党が譲歩しない限り、全く先には進まない」(国対幹部)として、委員会を欠席した。午後の衆院本会議にも応じない考え。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
ポスト鳩山を狙う"ラグビーボール"原口総務相
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘~経産省と組んだ菅副総理~

常務ら9人処分、再発防止策も=架線切断、新幹線停止で-JR東海(時事通信)
<女性死亡>息子2人も刺され負傷 倉敷・全焼民家で(毎日新聞)
<チリ地震>100~150年間隔でM8超…チリ中南部沖(毎日新聞)
トヨタへの対応に偏り…公聴会(レスポンス)
根室で30センチの津波(時事通信)

排出量取引「来年中に」 温暖化基本法案、導入時期明記へ(産経新聞)

 政府は26日、二酸化炭素(CO2)排出量が一定の枠を超えた企業に資金負担を迫る排出量取引制度を2011年中に導入する方向で検討に入った。今国会に提出する地球温暖化対策基本法案(仮称)に導入時期を盛り込む。「2020年に温室効果ガス排出量を1990年で25%削減」という目標達成に向け早期導入が必要と判断したが、産業界などの反発は必至で、調整は難航しそうだ。

 基本法案の中に、同法施行後、排出量取引制度について「1年以内に成案を得る」と明記する。政府は基本法案の3月5日の閣議決定を目指しており、今国会で成立、施行されれば、来年半ばにも導入される。

 民主党は同制度の11年導入をマニフェスト(政権公約)に掲げたが、早急な導入には批判も多く、26日午前に環境省が開いた与党議員との政策会議で示した素案では明記されなかった。

 だが、関係者によると、同日午後に仙谷由人国家戦略担当相や小沢鋭仁環境相、関係省の副大臣らが首相官邸で開いた非公式会合で、法案に導入時期を盛り込む方向を確認したという。

 制度の中身は、企業に排出量の上限(キャップ)を課した上で、実際の排出量との差が生じたときに市場で売買(トレード)する「キャップ・アンド・トレード」型とする方向。排出総量を規制するため企業の負担は大きいとされる。

 また、同日の環境省素案では、社民党に配慮して当初は触れない方向だった「原子力の利用」も明記。再生可能エネルギーの導入目標は「エネルギー供給量の10%」とした。

 一方、日本鉄鋼連盟や電気事業連合会など産業界の9団体は同日の記者会見で法案への反対を表明。「国民の理解と納得を得るための民主的なプロセス」を求める提言書を発表した。

抗真菌剤でライセンス契約―アステラス製薬(医療介護CBニュース)
ご当地グルメのギョーザで宣言=津市(時事通信)
出産費用の公的保険直接支払い、完全実施見送り(読売新聞)
「借りたカネ」の著者追起訴=不動産会社に脱税指南-さいたま地検(時事通信)
<母子殺傷>38歳被告、改めて無罪主張 札幌で第5回公判(毎日新聞)
sidetitleプロフィールsidetitle

はらぐちただあきさん

Author:はらぐちただあきさん
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。